レビストロース氏死去

学校に行く前だけれど、取り急ぎ・・・

 

asahi.com(朝日新聞社):「悲しき熱帯」レビストロース氏死去 「構造主義の父」 – おくやみ・訃報

 【パリ=国末憲人】20世紀を代表する思想家で文化人類学者のクロード・レビストロース氏が死去したと、AFP通信が3日、出版社の情報として伝えた。100歳。今月28日には101歳の誕生日を迎えるはずだった。

 (中略)

 ソシュールの言語学などの影響を受けながら、世界各地の民族誌データや神話などの分析を踏まえ「親族の基本構造」(49年)、「構造人類学」(58年)、「野生の思考」(62年)などの著作を次々と発表。未開社会の婚姻形態の比較などをもとに、人類の社会、文化には共通する不変の基本構造があるとする「構造主義」は、学界に大きな衝撃を与えた。

 「野生」「未開」の中に現代文明の原型をみるその思想は、進歩主義的で人間の理性の働きを重視する近代思想・哲学の西欧中心主義と鋭く対立。人間の主体性を特に重視した当時の思想界の大潮流だったサルトルの実存主義への批判は、大きな「事件」となった。

 その後も構造主義の考え方は、フーコーやガタリら多くの思想家に影響を与え、20世紀ではマルクス主義と並ぶ最も大きな思想潮流として、現代まで引き継がれている。

 

まじかー。
構造主義について、最近学んでたばっかだったので、ちょっとショックです。。
まだまだ、勉強しなきゃなー

 

そのほかのニュースはこちらから。
死去したクロード・レビストロース氏(フランスの思想家で社会人類学者) – Google ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA