僕の洗濯機選び。

早速の生活ネタ。

僕は実家のものを併せて、人生で4台の洗濯機を使ってきた。その中で今使っているのは、SHARP製。なんでこれを選んだのか?というポイントを、備忘的にまとめておこうと思う。

1.水量調整が細かく出来る

これが一番大事。物によっては自動調節しか出来なかったり、4段階しかなかったりする。SHARP製だと細かく調節出来て、6kg容量でも6段階調節できる。マットだけ洗濯したい、というときは12Lに設定し、日常の洋服とかをまとめ洗いするときは最大。あ、今日晴れた、と思ったときは、今ある分を、それに合わせた水量で洗濯する。

2.ゴミ取りネットがある程度の大きさがある

必ず洗濯機にはついているゴミ取りネット。これがある程度の入り口の広さと深さがないと、洋服に埃がいっぱい付いたまま、ということがある。と、僕は信じている。昔の洗濯機と今の洗濯機の性能の違いというのもあるだろうけど、大きなゴミ取りネットの機種を選んでから、あまり埃に悩まされることが少なくなった気がする。

3.洗濯完了までが早いこと

節水、節電を謳う洗濯機はほとんどだけど、やっぱり洗濯開始から完了までの時間が早いことに勝る物はない。水と電気の節約も大事だけど、時間が早いことは何にも勝る。ちなみに洗濯完了までの時間は、概ね水量に比例する。蛇口から出てくる水のスピードは、全機種変わらないから。なので、洗濯完了の時間が早い=使う水の量が少ない、とだいたい言えるみたい。

4.そして節水であること

今はまだ、電気よりも水のほうが単価が高いと思う。しかも節電は各社努力しているから、僕から見れば50歩100歩。多少電力を食う子でも、水が少なければそちらを選ぶ。SHARP製のものは、「穴なし洗濯槽」なるものを導入していて、その分水の量がかなり少ない。おまけに、洗濯槽にカビも生えにくいのだと思う(だって洗濯槽の裏側に水が行くことはないだろうから)

5.出来れば風呂水ポンプが付いていること

一ヶ月に数回程度だけど、風呂水で洗濯することがある。雑菌がいっぱいらしいので、あまりお勧め出来ないらしいけど、そこは洗剤の力に期待して。何にせよ、風呂水ポンプがあると、選択肢が増えるので嬉しい。但し、洗濯機で一番最初に壊れるのも風呂水ポンプだと思うので、そこは注意。洗濯機のポンプにはあまり期待せず、そのうち壊れて、専用のポンプを購入することも視野にいれた方が良い。

以上の5つが、僕が重視する洗濯機選びのポイント。あ、あともちろん価格かな?ただ価格については、購入店にもよるので、本当に一番最後で良いと思う。好みの機種を探し、これかな?というもので、いくつかのお店を探してみる。

ああ、そういった時間を掛けて探すことが出来るように、洗濯機は壊れる前に買い換えた方が良いと思う。毎日使う物だからね。